DO SHOCK BOOZE

Genre: Doushokubutsu

Group: TOTEM TRAXX

DJ/ミュージシャン/ボーカリスト、"YOICHI HAYASHI"の変名音楽プロジェクト『ドウショクブツ』。熊本県で過ごした少年時代は移動式スーパーと貸しレコード店という環境の下で様々な音楽と出会う。90年代後半からロック~エレクトロ・バンド等で活動し、音楽感性を磨いていった。グローバルな視点を求めて渡欧した後、その刺激的な経験を糧にDJ活動と楽曲制作に没頭する。その作風が評価され、ドイツの名門レーベルTraum SchallplattenやResopal Schallware、スペインのBeatfreak Recordings、ロンドンのBaroque Records、Capital Heaven、イタリアのFrequenza Record、ベルギーのBonzai Records、オランダのAenaria Tribal、オーストラリアのHypnotic Room、日本国内ではPlus RecordsやBass Works Recordingsなどのレーベルにライセンスされている。これまでにリリースされた作品は世界最大のダンスミュージック・ストア「Beatport」のプログレッシヴハウス、テクノ、レゲエ/ダブといったヒットチャートにもコンスタントにランクイン。2013年には自身のレーベル、TOTEM TRAXXから発表した12インチレコードがヒットを記録、ドイツの音楽雑誌 De:Bugなどから多くの評価を集めた。自らがそれらアーティストの音楽、アートワーク、ヴィジュアルなどその全てのクリエィティヴを監修し、レーベルのブランディングを構築し続けている。Guest Dj Mixとしては、主要レーベル公式のポッドキャストの他、Proton RadioやFrisky Radio、Insomnia.fm、Framed.fm、Kiss.fm(AUS) 、Kollektiv K(Fukushima Pref.)、Oscar L主宰のDMiXなど多数の人気ラジオ局からONAIR。Plus RecordのRadio Showでは音楽ストリーミングサービスであるMixcloudのテックハウスチャートで世界1位、ディープテックチャートで3位を獲得。これまでにはヨーロッパや東南アジアでの海外遠征も積極的にこなし、2016年、自らのボーカルや生楽器、エレクトロニックミュージックをフィーチャーしたオリジナルアルバム『MODERNIAN』を発表。2017年にはベルリンの老舗レーベル、Resopal Schallwareから12インチEPカットのリリース、J.A.K.A.M.ことJUZU a.k.a. MOOCHY(日本)とのコラボレーション、4ヵ所を回るヨーロッパツアーを開催。DO SHOCK BOOZE (Doushokubutsu) の使命は、トライバルのスリル感とサイケデリックな浮遊感に包まれながらも、伝統的サウンドの耽美さとテクノの本質を失わないダンス・ミュージックを提示することである。 http://doshockbooze.com http://totemtraxx.com/