KOWICHI

Genre: 日本語RAP

Group: WESTAHOLIC RECORDS

近年多くの才能をシーンへ輩出して、にわかに盛り上がりを見せる川崎をホームに活動するラッパー、KOWICHI。 2001年夏に相棒D.u.g.と結成したenmakuでは、ストリート・レヴェルでのミックステープはもちろん、コンピレーション・アル バムへの楽曲提供や外部客演仕事をこなしながら、2008年に初の正規音源「The Scream」をリリース。 翌2009年には、フル・アルバム「TAMARIBA SOUND」を発表している。 地元・神奈川はもとより東京/北関東、そして全国へとライブの範囲を広げるなか、2011年に完成させた2ndアルバム 「WE ARE FRESHNER」では、配信サイトdowangoのTVスポットでリード・シングル“Suga Baby feat. CIMBA”がオンエア。 また、人気ヒップホップ専門番組「流派R」でもアルバム・リリースの特集が組まれるなど、注目が集まっている。最近では「WE ARE FRESHNER」収録の“何をGet”に、ウェッサイ・シーンの最重要ユニットDS455からKayzabroを迎えたリミックスを配信して話題を振りまいた。 2012年からはソロとしての動きも見据え、STREET OFFICIALとソロ契約。 1stソロアルバム「The Chips」をリリース後、配信シングル「JUST WALK ON feat. AKASHINGO」を発表。 2013年9月にリリースしたヒットシングル「FLOWER feat. MoNa」や未発表曲、新曲を多数収録したDJ SPACEKIDとのコラボMIX CD「CONFIDENTIAL CHEESE」をストリートにドロップ後、わずか二ヶ月後12月にはデジタルEP「Cake UpThe EP」をリリース。 立て続けに、現在は2ndアルバム「THE DINER」を絶賛リリース中。’’BOY FRIEND #2 feat.pukkey &DJ TY-KOH’’や’’Barbie feat.Y’S’’等々話題を集めている。 高いラップ・スキルとトレンドを読む力、音楽に対する柔軟性を武器にした縦横無尽な動きがシーンからの期待を呼んでいる。