HALU

Genre: Drum&Bass

HALU DJ/Tokyo 2012年、突如15年の暦を持つダンサーからDJに転向。 Jungle,Ragga,Breakbeatsなどオールドスクールな音を好む一方、破壊的な低音を求めてDRUM'N'BASSの可能性を探っている。 アンダーグラウンドからラウンジミュージック、民族・伝統楽曲まで、自在にDrum’n’bass,Jungleを操り、どんなフロアでも “自身の求める低音” を唸らせる。DJデビューから瞬く間に年間60本以上のブッキングを獲得。ナイトクラブに留まらず、各種インストアDJやライブアートとのコラボレーション出演、地方へのGUEST出演を重ね、クラブミュージック専門ネットラジオ「block.fm」に数回にわたり出演するなど、その知名度を全国に向けて徐々に加速させ、東京Drum’n’bassシーンを代表するFemale DJへと成長を遂げた。現在も年間100本という数の現場を駆け抜ける傍ら、トラックメイクやリミックスにも手を広げアートワークやビジュアルディレクションも自ら手がけるなど、従来のクラブDJの概念を大きく越えて自身の世界観を発信している。 ___________________________ 2013年11月、映画「ワイルドスピード」DJコンテスト女性1位/総合6位獲得。 2014年4月、「mixcloud」Dnbチャートにて「DJ HALU DnB mix Lost to Roots」が2位/100位を獲得。 2014年9月、カリフォルニアのクロージングブランド「Dataset」からのサポートが決定。世界に向けてExclusive mixを公開するなど、海外からのコメントも増えている。 2014年11月、TLOC,HALU名義での制作トラック「End of Kingdom」が「JAGUAR-BASS compilation#1」に収録。11月7日先行限定販売となったCDが完売。11月24日BANDCAMPよりデジタルリリース。 2015年5月より”朝と夜、二つの顔を持つパーティ”と題し「Coralreef crew」を立ち上げる。「Coral sunrise(早朝スタートのアフターパーティ)」「Coral sunset(深夜に向かって深まるウォームアップパーティ)」を毎月オーガナイズし、HALU独自の趣向からHiphop,Reggaeを取り入れたJungle partyを開催している。 2015年11月、以前より愛用していた喫煙具Vapor(ベイパー)ブランド「JP Vapor」の広告モデルとしてサポートが決定。 2016年2月、国内を代表するHiphopクルー「YENTOWN TOKYO」よりリリースされた楽曲のオフィシャルリミックスをTLOCと共に手がける。同楽曲は「Higher PartⅡ - HALU,TLOC Remix」としてYENTOWN Remix Compilationに収録される。 2016年7月、成田空港滑走路にて行われる大型フェス「タイガー&ドラゴン」にメインステージでの出演を果たす。 2016年7月末、幕張メッセにて行われるGLAYオフィシャルファンクラブ「HAPPY SWING」LIVE アフターパーティに出演。 2016年12月、国内最高峰のドラムンベースパーティ「DBS(DRUM&BASS SESSTIONS)」に出演。超名門レーベル「Metal headz」主催のGOLDIEらと共演を果たす。 2017年1月、自身初となるEP「Vixen's marriage feat.Taka」をリリース。 また、趣味であるイラストやペイントが評価され、各種アートワークも手がけており、現在もダンサーとして振付やバックダンサー,ミュージックPV/MVやCMなどの広告にも出演。 [Pioneer DJ XDJ-RX feat.banvox],[KAIZAN RECORDS/Next Level MV],[Knock out monkey/Wonderful Life MV],[赤い公園/NOW ON AIR MV],[ひかりTVミュージック CM],[DJ.DAI/Coldrain EP Artwork],[DJ.DAI/Make Up Mind EP Artwork],など多数 http://mixcloud.com/haludnb http://soundcloud.com/haludnb