MAKOTO

Genre: Drum & Bass

Group: Human Elements / HE:Digital

Drum&Bassのミュージカル・サイドを代表するレーベルLTJ BukemのGood Looking Recordsの専属アーティストとして98年にデビュー以来、ソウル、ジャズ感覚溢れる感動的な楽曲を次々に生み出し、これまでに、2枚のアーティストアルバム『Human Elements』(2003年)、『Believe In My Soul』(2007年)、その他 DJ MarkyのInnerground, FabioのCreative Source, DJ ZincのBingo, London ElektricityのHospital ,CIA, Liquid VなどのUK主要Drum&Bassレーベルより、12インチシングル、EP、リミックス、コンピレーションへの参加などで数々の楽曲を発表している。DJとしては、2枚のミックスCD 『Progeression Sessions 9 – Live in Japan 2003』, 『DJ Marky & Friends Presents Makoto』をこれまでに発表し、世界30カ国、100都市以上を周り、数千、数万のクラウドを歓喜させ、その実⼒を余すところなく証明し続けてきた、まさに日本を代表し世界的にもDrum&BassのトップDJ/Producerである。Jazzanovaとの活動でしられるPaul Randolphを迎えた"Tower Of Love" 、これまでの作品を集めたコンピレーションアルバム"This Is How I Do" を2011年3月に発表、その後 東日本大震災のチャリティーコンピレーション"Something We Can Do"を自身のデジタルレーベルHE:Digitalより発表し、いち早く復興支援を表明。待望のNewアルバム"Souled Out"を2011年10月に発表後、2012年2月にMotion Blue 横浜で行われた8人編成のフルバンドでのライブを収録した"Live @ Motion Blue Yokohama"を2012年9月に、そして2013年6月にはSouled Out 3部作の完結となる"Souled Out Remixed"をリリースした。その後、2014年にはDJ KawasakiとのコラボレーショントラックWhere Would We Be ft. Paul Randolph & Makotoのリリースや 共同リミックスワークも活発化している。そして2015年7月、UKのベテランアーティストAsidesとのコラボレーションアルバム”Aquarian Dreams”をEastern Elementsよりリリース。 http://www.humanelements.jp