DJ TAMA a.k.a. SPC FINEST

Genre: HIP HOP ELECTRO TURNTABLISM

Group: S.P.C. /

■DJ TAMA a.k.a SPC FINEST - Biography 「DJ TAMA THE UNIVERSAL」 “DJ”と いう職業、業(ごう)を通して、札幌を起点にあらゆる人種や音楽ファンをコネクトする「プロ中のプロ」、それがDJ TAMA a.k.a SPC FINEST、である。 その「だでカッケぇ、なまらヤベぇ」プレイ・スタイルは、オールド・スクールからカレントなメインストリームやアンダーグラウンド、日本語ラップまで、また、その元となったレア・グルーヴ、ジャズ、ファンク、ソウル、ロック、R&B、レゲエにエレクトロと、新旧問わ ず、ありとあらゆるジャンルから自身のフィルターを通した”踊れる”サウンドを抽出し、クラブ・イヴェントのメイン・タイムを張れるDJとして、フロアを熱狂の渦に変えてきたことはご存知の通り。 彼の持ち味は、その“機を見るに敏なセットの使い分け”にある。 例えば、バトルDJ/スクラッチ・テクニシャンとしては“日本チャンピオン”に輝いたほどのスキルを持ち、海外のターンテーブリストたちからも注目されているだけに、現在もショウケースを披露する際は必ずフロアの視線をDJブー スに釘付けにするくらいの“構成 力”を誇っている。 そして、全国規模のダンス・コンテストのDJでは、ブレイキン以降の流れを指先で示し、レゲエのダンスではヒップホップとのクロスオーヴァーも自然にプレイし、エレクトロのパーティーでもカレントなアンセムだけでなく、様々なジャンルの音をエレクトロとしてフレッシュに聴かせる職人技を持って いる(キツネ、スティーヴ・アオキ、エド・バンガーのビジー・Pらとも共演)。ヒップホップ・セットの引き出しの多さについては、言わずもがなだろう。 また、その活動は、クラブのみならず、ラジオのレギュラー・ショウやミックスCD、そしてDJ SEIJI、KAZMANIACとのS.P.C.からソロを始めとするプロデュース、リミックス業までと、無限の広がりを見 せている。 (Takashi Futatsugi(D-ST.ENT)) DJ TAMA a.k.a. SPC FINEST, based on Sapporo, has been the bridge among the all kinds of race. His absolute play style is formed by covering old school to mainstream top 40, underground HIP HOP or Japanese rap as well as choices of sampling sources from Rare Groove, Jazz, Funk, Soul, Rock, R&B, Reggae and Electro. Mix of the old and new, also straddling multiple genre of music, TAMA created the danceable sound to make crowd go wild. This known fact led him being the starring of any event. His ultimate value is his ability of reading the mood and instantly react by what to play. For instance, as a Battle DJ, he has some incredible skills represented by well-conncected set which made him win a Japan Battleship, and other world-known turntablists has been paying attention to TAMA in the result. As a DJ at Nation-Wide Dance Contest, his fingers naturally becomes a story teller, chapter starts from Break Beats era, at Reggae Dance, crossing over HIP HOP spontaneously. At Electro Party, he shows range of catalog from current party anthem mixed with all kinds of genre turn into Electro. TAMA shared stage with KITSUNE、Steve Aoki, Busy P of Ed Banger, just to name a few. His HIP HOP set? You already know what it is. No words are needed. His hive of activity spread from club to daily show at radio and MIX CD. Also as a member of S.P.C., along with DJ SEIJI and KAZMANIAC, they've widely expanded their job description including making productions and remix. 【活動歴】 1992 年よりDJとしての活動を開始。 B.I.G. JOE(Mic Jack Production)とのユニット“STRIVER'Z RAW”にて、GANGSTARRやRUN DMC、Microphone Pagerなどとステージで競演。 またレゲエ界の重鎮=RANKIN TAXI主宰のコンテストで全国優勝も果たす。 その後、クラブDJとして札幌で活動を続け、全国規模のDJ BATTLEの常連として、ミックステープ・マスターとしてDJ TAMAの名を徐々に広め始める。 1999年 よりDJ SEIJI等と“S.P.C.”を結成し、ポニー・キャニオンより メジャー・デビュー。同年には日本を代表するB-BOYの祭典(@代々木公園)= BBOY PARK DJ BATTLE NO-TRICKSにて圧倒的なスキルを見せつけ日本チャンピオンに輝いた他、DMC-JAPAN FINALにも4度出場を果たし、天下の“BATTLE DJ”としての全国にその名を轟かす。そ の後、CRYSTAL KAYやPE'Zなどのメジャー・アーティ ストからアンダーグラウンド・アーティストまでのリミックスやプロデュースを行う。 2006年には、 HUNGER(GAGLE)、TARO SOUL、SONOMI等をfeat.した1stソロアルバム『Melting Pod』を、2007年には弟分の韻牙ランドと の"LOVE MY BLOCK"、北海道の42HIP HOPアーティストをfeat.した北の今の現場をダイレクトに伝え るオフィシャル・ミックスCD『HIP-HOP BLOCK BUSTERS HOKKAIDO』を立て続けにリリース。 全14カ 所の全国ツアー、全11カ所の北海道ツアー を経て、2008年には渋谷 nuts、VUENOS 、27Destiny、FLOWER などの主要なハコ/イヴェントでのゲスト・プレイを含む3度の東京DJツアーを成功させる。同年12月には、フレンチ・エレクトロの本山=Kitsuneの Japan Tourにてオープニング・アクトに抜擢される。 2009年 には、関東ツアー、九州ツアーの他に、初のアジア・ツアーでタイのバンコクを訪れ、 過去には、DJ PREMIER、Q-BERTな ど世界のTOPクラスのDJが ゲストインしているQ BAR BANGKOKに日本人初のメイン・アクトとして登場し、同クラブの過去最高動員の記録を塗り替えた。その12月にはL.A.、NYのアメリカ・ツアー、12月には韓国ソウルのmansionにて、ダフト・パンク、ジャ スティスのマネージャーでレーベル=エド・バンガーの創始者=ビジー・Pと、カウントダウン・パー ティーで共演。エレクトロのフィールドでもDJ TAMAの 名を轟 かせることとなる。 2010年3月には、再びバンコクのQ BarにてDJ・・・と札幌在住ながら日本全国そし て世界へと活動範囲を着々と広げ、DJとしての可能性を広げ続けているDJ TAMA a.k.a. SPC FINESTの今後には 期待しすぎて損はない。 (Takashi Futatsugi(D-ST.ENT)) DJ TAMA has started his DJ career back in 1992. STRIVER'Z RAW, TAMA's unit with B.I.G. JOE(Mic Jack Production) shared stages with GANGSTARR, RUN DMC, Microphone Pager and just to name a few. Also, they've won one of the most prestige reggae contest hosted by heavyweight reggae artist RANKIN TAXI. TAMA has been DJing at the clubs based in Sapporo, now earned his spot on Battle podium regularly as well as ratchet up his popularity as MIXTAPE MASTER. SInce 1999, TAMA and DJ SEIJI teamed up as S.P.C. and debut from major record label PONY CANYON. In the same year, he showed his commanding skills at biggest Japanese B-BOY event, B-BOY PARK and won the Japan championship. Being 4 time finalist of DMC-JAPAN, TAMA's name value pumped up as Battle DJ nation wide. After that, he's stretched his production and remix work from major acts like CRYSTAL KAY and PE'Z to underground artists. In 2006, TAMA's first solo album "Melting Pod" featuring HUNGER (of GAGLE), TARO SOUL, SONOMI etc...was finally released and in following year, he collaborated with his brothers from another mother INGA LAND to drop an album named "LOVE MY BLOCK". His Official MIXCD project "HIP HOP BLOCK BUSTERS HOKKAIDO" which was combined with 42 local chosen artists, would be the tools for people to feel the real vibe in North side. After having Japan Tour (total 14 cities) and Hokkaido Tour (total 11 venues) in 2008, TAMA successfully achieved his third time TOKYO tour as officially becoming a headliner for major clubs like SHIBUYA nuts, VUENOS, 27 Destiny, FLOWER etc... In December of that year, TAMA was selected to open for leaders of French Electro, Kitsune on their Japan Tour. In 2009, TAMA's first Asian Tour took place along with KANTO and KYUSHU Tour in Japan. He was the very first Japanese headliner for the club in Thailand, which was where all the top ranked DJs like DJ PREMIER or Q-BERT was starring in the past. In December of the same year, TAMA extended his tour to LA and NYC, flew to Korea for New Year's Countdown Party sharing stage with BUSY P, the founder of Ed Banger Records and the manager of DAFT PUNK and JUSTICE. This experience has given more popularity to TAMA from Electro fans. TAMA is based in Sapporo, the local city of Japan, however, his DJ field is expanding wold-widly and always searching for new possibilities. You can highly anticipate TAMA a.k.a. SPC FINEST's unexpected next move and deeply recommend to join his musical journey.