D-51

Genre: Live

沖縄県出身のYASU(吉田安英)とYU(上里優)からなるボーカルデュオ。 D-51というユニット名は、彼らが通っていた音楽スクールの校長が、全国を駆け巡っていた機関車D-51から命名。2003年6月より、沖縄県北谷町ミハマ・カーニバルパーク広場にてストリートライブをスタート。最初は緊張の面持ちだった彼らも、次第に人前で唄う喜びを噛み締めるようにのびのびと唄い出した。時には沖縄ならではの炎天下や雨天に悩まされることもあったが、根気強く道行く人へ歌を届け続け、日が経つに連れ、ひとり、またひとりといつしか多くの人が彼らの歌声に足を止めていた。会場限定で販売していた自主盤「LET‘s TRY」を瞬く間に5,000枚売り切り、2004年2月にミニアルバム「STREET BREEZ」をインディーズリリース。このアルバムは県内TOWER RECORDSにてインディーズチャート1位を記録し、4月には全国発売にまで至った。そして同年7月7日、シングル「TOP OF THE SUMMER」でポニーキャニオンよりメジャーデビュー。2005年2月発売の3rdシングル「NO MORE CRY」はTVドラマ「ごくせん」の主題歌に抜擢され、50万枚を超える大ヒットを記録するなど、数々のヒット曲を持つ、日本を代表するボーカルデュオへと成長している。