HONDALADY

Genre: テクノロックユニット

マル(Vo,Prog)とDie(TB-303,Prog)の2人によるテクノロックユニット。 マルを中心に96年結成。その後メンバーチェンジを経て、2002年秋からマルとDieの2人体制による新生HONDALADY始動。これまでにアルバム6枚、スプリットアルバム1枚、マキシシングル7枚をリリース。現代の四畳半フォークを彷彿させるリリックの独特な世界観、高揚感溢れるメロディライン、無駄に暑苦しいライブパフォーマンスが特徴。 2006年、三浦俊一(元有頂天/ P-MODEL)をプロデューサーに、華原朋美のヒット曲「I’m proud」をカバーした「I’m proud e.p.」を発表。90年代レイブを彷彿させる大胆なアレンジは、邦楽ロックの殿堂的クラブイベント「申し訳ないと」でパワープッシュされるなど各方面に絶大な支持を得る。2006年9月、ビンテージシンセサイザーTB-303をフィーチャーしたアルバム「303」リリース。このアルバムでレピッシュのMAGUMIがゲストボーカルとして参加したことから、レピッシュのレパートリーを中心としたユニット「MAGUMI with HONDALADY」を結成し、HONDALADYと並行してライブ活動を行っている。 2007年12月、通算7枚目となるアルバム「World Record」リリース。共同プロデューサーとして90年初頭よりハウスやジャングルをいち早く取り入れたアレンジャー・リミキサーとして活躍し、RAMRIDER、YMCKなどのリミックスも手がける寺田創一( Far East Recording )を迎えて制作され、ゲストボーカルとして森若香織(ex.GO-BANG’S)をフィーチャーしたエレクトロック・チューンも収録。 そして2009年2月、通算8枚目となるアルバム「CASSETTABLE」リリース。 HONDALADYとしての作品の他にも、ケラ&ザ・シンセサイザーズ、電撃ネットワークなどのリミックスワーク、DJ、他アーティストへの楽曲提供/サウンドプロデュース、Wii「NO MORE HEROS」をはじめとしたゲームソフトへの楽曲提供など多岐にわたる活動を行っている。