世飢魔2

DATE: Friday 2月10日,2017年

TIME: 23:00 ~ 23:00

PRICE: DOOR: 3500YEN/1D WF: 3000YEN/1D

GENRE: Hip Hop / Bass Music / Techno / Electronica

ARTISTS: DJ SN-Z for OZROSAURUS, andrew, Carpainter (TREKKIE TRAX), madmaid, Double Clapperz, maidable, Miii, Nousless, UNSQ, XXXSSS Tokyo, パ禁(PAKIN), ONJUICY, BETAPACK, HyperJuice, iSOP, Masayoshi Iimori (TREKKIE TRAX), VIBES MAFIA, mika (midori-gumi), RIO.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

昨年の初開催が話題を呼んだ『世紀末』がパワーアップして再登場!!
会場をGladとLOUNGE NEOの2会場に拡げ『世飢魔2』としてカムバック!!

★前売りチケット★ [1/18(水)10amから限定数のみ販売]
・イープラス http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002214268P0050001P006001P0030001
・クラベリア http://www.clubberia.com/ja/events/263276

★for Facebook★
http://www.facebook.com/events/2190047124554575/

-----

【Glad side】
-ACT-
◆ MACCHO and DJ SN-Z from OZROSAURUS -TURNTABLE SET-
◆ andrew × Carpainter × madmaid
◆ Double Clapperz
◆ maidable
◆ Miii
◆ Nousless
◆ UNSQ
◆ XXXSSS Tokyo feat. MAS1A

-HOST MC-
◆ PAKIN (Dark Elements)
◆ ONJUICY


【LOUNGE NEO side】
-ACT-
◆ BETAPACK
◆ HASEDAI
◆ HyperJuice
◆ iSOP
◆ Masayoshi Iimori
◆ VIBES MAFIA
◆ Vibes Only Crew Tokyo
◆ マザーファッ子 (MDC / v.o.c)
◆ 半畳JUKEクルー

-LOUNGE-
◆ Juicy Jun
◆ sam is ohm
◆ Kick a Show
◆ ERK
◆ HASEDAI
◆ Sir Cool k


-VJ-
◆ mika (midori-gumi)
◆ RIO
◆ yuno
◆ タロウ
◆ ノレ

-FOOD-
◆ 新宿ドゥースラー

-PHOTO-
◆ Jun Yokoyama
◆ tatsuki nakata

DJ SN-Z for OZROSAURUS

Group: OZROSAURUS

Country:

Genre: HIP HOP

1992年にDJキャリアをスタートさせたDJ SN-Zは、どっぷりとハマったヒップホップの本場をその肌で体感するため、1994年に渡米。2000年にはKRS-ONEと活動をともにするレゲエDeeJay=MAD LIONのツアーDJに抜擢され全米10ヵ所を行脚したほか、BLACK SHEEPやJUNGLE BROTHERSのツアーDJ、BOOT CAMP CLIKのライヴ・フロントDJなどを経験し、数々のヒップホップ・レジェンドと濃密な時間を共有した。その後、LIME LITE、MARS2112、JIMMY'S CAFEといったNYのクラブやラジオ・ステーションWWRLでのレギュラー・プレイも任されるようになった彼は、スキル面を突き詰めたDJバトルへも積極的に参加。2002~2003年のDMCシカゴ大会では二年連続決勝進出、EastCoast OverDose DJ Battleでは準優勝という輝かしい結果を残し、多角的なエクスペリエンスを着実に積み重ねていった。加えて彼は、現地で結成された日本人ラップ・ユニット=RIZINGSONのDJとしても活動。2005年に凱旋帰国するまでの約13年間は、卓越したターンテーブル捌きやマイク・パフォーマンスといった現在の彼の武器であるオリジナルなDJスタイル、そして彼のヒップホップ観そのものに多大な影響を与えている。帰国後は現在の相棒であるMACCHOを擁したスーパー・ユニット=ROMERO SPの専属DJを経て、OZROSAURUSのライヴDJを担当。初代PRIDEライト級王者、五味隆典選手の入場曲に使用された“ON AND ON (DJ SN-Z REMIX)”をはじめ、様々な音源にもビートやスクラッチで参加した。また、ネットラジオ『BADFELLAS ONLINE』発信のミックスCD「Best Combination Magnum Mix」やエクスクルーシヴ音源をふんだんに収録したオフィシャル・ミックスCD「Hard Pack」など、ヒップホップ/レゲエ両シーンに精通する強みを遺憾なく発揮したソロ・リリース作品群も高い評価を受けており、全国各地のイベントからクラブ・プレイのオファーが殺到している。一方、2011年に正式メンバーとなったOZROSAURUSでは、制作の細部にまで関与した5thアルバム「OZBUM ~A:UN~」を翌2012年に発表。その後に開催した大阪と名古屋のワンマン・ツアー、および後に映像化された川崎CLUB CITTA'でのツアー・ファイナルでもMACCHOと抜群のコンビネーションを見せ、OZROSAURUSに必要不可欠なDJ SN-Zの存在を強く印象付けた。2013年6月にはDJ WATARAIがフル・プロデュースを務めた企画EP「Dish And Dabber」の制作に携わり、うち2曲でスクラッチも披露している。

andrew

Group: TREKKIE TRAX

Country: 日本/東京/板橋

Genre: House/Dubstep/Bass/Techno/UK Garage/UK Funky/Grime/R&B/HIPHOP/Juke/Jungle

東京を拠点に活動する Producer / DJ HipHopを中心にBlack musicを聴き漁った幼少期を経て、高校時代にMPC1000を購入。トラックメイクを始める。 さらに卒業と同時にクラブでのDJ活動も開始。DJとしてはBass musicのフィールドでの出演が主だが、ジャンルを限定せず「温故知新」を常に掲げた真摯なプレイスタイルは各方面から高い信頼を得ている。 正式な作品集は、自身も運営の一員である音楽レーベル『TREKKIE TRAX』からリリースした「Monolith EP」のみ と少ないものの、Finlandの老舗レーベル『Top Billin』のコンピレーションへの参加や、Part2Style、80KIDZ、Nature Danger Gang、Carpainterなど国内アーティストへのRemix提供も精力的に行っている。 またその楽曲は、DubstepやJukeの世界的な認知に深く貢献したUKのレーベル『Hyperdub』のラジオショーや、英国の国営放送局『BBC Radio1』でもプレイされる等、国外での評価も着実に獲得している。 2013年末には活動をラジオパーソナリティにまで広げ、日本最大のダンスミュージック専門インターネットラジオ局『Block.fm』にてTREKKIE TRAXのSeimei&Taimeiと共に番組『Rewind!!!』をスタート(2018年より『TREKKIE TRAX RADIO』に改名)。 現在は『TREKKIE TRAX CREW SET』のコアメンバーとして日本各地へツアーをする中、ソロとしても『ULTRA JAPAN Fes 2015』といったビッグフェスへの出演を果たすなど、常にパーティの第一線で活躍している。 http://www.trekkie-trax.com/ https://soundcloud.com/andrew_aez https://block.fm/radios/536

Carpainter (TREKKIE TRAX)

Group: TREKKIE TRAX

Country: Japan

Genre: DJ / LIVE

横浜在住のTaimei Kawaiによるソロプロジェクト。Bass music/Techno musicといったクラブサウンドを軸に制作した個性的な楽曲は国内外問わず高い評価を得ており、これまで自身の主宰するレーベル「TREKKIE TRAX」や「Maltine Records」よりEPをデジタルリリース、2015年にはレコード形態でのEPやCDアルバムをリリースするなど、積極的な制作活動を行っている。 またポーター・ロビンソン、tofubeats、初音ミク、東京女子流、カプコンといったメジャーアーティストにRemix提供など行っているほか、人気マンガ家「浅野いにお」がキャラクターデザインを務めた映像作品「WHITE FANTASY」では全編において楽曲を提供。2016年には仮面ライダーエグゼイドの主題歌である、三浦大知の「EXCITE」の作曲・編曲を共同で手掛け、同楽曲はオリコンシングルチャート1位を記録した。 その勢いは国内だけにとどまらず、フィンランドの「Top Billin」やイギリスの「L2S Recordings」「Heka Trax」「Activia Benz」などからもリリースを行ない、イギリスの国営ラジオ局「BBC Radio1」や「Rinse.fm」「Sub FM」でも楽曲が日夜プレイされている。また中国や韓国、アメリカでのDJツアーも敢行した。 2016年からは自身の楽曲により構成されたLive Setもスタートし、ライブ配信サイト「BOILER ROOM 」での出演などを果たしている。 ほかにも、m-floの☆Taku Takahashiが主宰する日本最大のダンスミュージック専門インターネットラジオ局「block.fm」では、レーベルメイトとBass Musicを中心としたプログラム「TREKKIE TRAX RADIO」のパーソナリティも担当しているなど幅広く活動している。

madmaid

Group:

Country:

Genre: 路上レーベル

「成人しました。」 https://soundcloud.com/madmaid

Double Clapperz

Group: Ice Wave Gang

Country: TOKYO/JAPAN

Genre: Grime/Dubstep/DanceHall

Grime,Dubstep,Dancehallから影響を受け2012年から活動を開始し、硬くダークでコントラストに富んだテクスチャとクリアでうねるようなベース・ミュージックを制作している。 彼らのトラックはBBC RadioやRinse FMなど数多くのラジオ局でプレイされ、シンガポール拠点のメディア「soimusic.tv」より2017年注目すべきアジア人プロデューサーとして日本から選出、更に英国「Crack Magazine」による「10 Upcoming Grime Producers」に選出され自身が主催するIceWaveRecordsから3枚の12インチEPをリリースするなど、各国から多くの注目を集めている。 2016年には Boiler Room Tokyoに出演しSkepta,Kohhと共演。B2BスタイルのDJプレイはアンダーグラウンドで評判を呼び、東京、名古屋、大阪、ロンドン、アムステルダム、ソウルのギグ、フェスティバルでプレイ、2018年夏には中国・イギリスなど3か国6都市をめぐるツアーを行い、東京が誇るGrimeプロデューサーとして自身を確立している。 Double Clapperz Boiler Room Tokyo Live Set - https://www.youtube.com/watch?v=6CQ1ZLEdNi8 メディアフィーチャー LAのAstral Plane誌 にインタビュー & Mix掲載ー https://dotheastralplane.com/2016/04/21/double-clapperz-mix-for-the-astral-plane/ mixmag誌 - インタビュー MEET THE FIVE MCS AND PRODUCERS AT THE FOREFRONT OF GRIME IN JAPAN http://mixmag.net/feature/meet-the-five-mcs-and-producers-at-the-forefront-of-grime-in-japan Complex UK誌 - 一週間のベストDJミックスに選出 http://uk.complex.com/music/2016/04/best-mixes-of-the-week-66/ ele-king誌 - インタビュー 東京でもっとも尖っている音楽をやっているのは誰だ? http://www.ele-king.net/interviews/005979/ soundrope誌 - インタビュー Double Clapperzがのめり込むグライムの歴史と音楽性、そしてレコードへのこだわり https://soundrope.com/blog/double-clapperz-interview Native Instruments社 - インタビュー Maschineを使用したGrime制作術 https://twitter.com/Tokyo_NI/status/898480343568629761 fnmnl誌 - 特集 Double Clapperzがチョイスするグライム・クラシックス10選 http://fnmnl.tv/2017/09/14/37805 UNCANNY誌 - DOUBLE CLAPPERZ、初のアナログ盤『VIP』を限定リリース http://uncannyzine.com/posts/37130 FNMNL誌 - Seimei (TREKKIE TRAX) とのスペシャル対談記事 TREKKIE TRAX×Double Clapperz Pt.1 ー東京と海外、そして彼らの展望する音楽シーンの未来とは http://fnmnl.tv/2016/07/14/3511

maidable

Group:

Country:

Genre: Drum&Bass / Juke / Bass Music

幼少期にスピッツの楽曲をカセットテープにダビングしてもらったことで音楽と出会う。 中高とドラムを経験しバンド活動に勤しむも、突如電子音楽に没頭しトラックメイクを試みる。 現在はリスニング、メイキング共にUKのアンダーグラウンドシーンに影響を受けたDrum'n'Bassやjuke/footworkに傾倒する。国内でのリリースを皮切りに、USのレーベルRubik Recordsからシングルをリリースするなど海外レーベル/アーティストにも積極的にアプローチし、より自身の音楽性を追求している。 

Miii

Group: Maltine Records / Murder Channel

Country: 東京

Genre: Neurohop, Glitchhop

1992年生まれ、東京在住。2004年より音楽活動を開始。ブレイクコアとダブステップをルーツにした暴力性と邦楽インディー・ロックに影響を受けた感傷的なサウンド、世界観でリスナーを圧倒する。 東京女子流、夢眠ねむ(でんぱ組inc.)、DJ Skull Vomit、DJ TECHNORCH等の楽曲の公式リミックスを手がける他、オルタナティブラップグループYOCO ORGAN、MC・DJとして活躍するNO+CHINとの楽曲制作を行う等、多岐多彩に渡る活動を行う。 2014年には、〈Murder Channel〉より、ミニアルバム『Textural Nightmare』、〈Faded Audio〉より『An Invisible Storyteller』を立て続けにリリース。 現在は、LASTorderとの音楽プロジェクト”The Wedding Mistakes”としても活動している。

Nousless

Group: GOODWEATHER

Country: NAGOYA/JAPAN

Genre: GRIME、UKFUNKY、BASS MUSIC

Nousless(ヌスレス)。 2005年、初期DubstepをプレイするYoungsta、Hatchaに影響を受けDJ活動を開始。 GWの一員として名古屋を本拠地に、東京でも一貫したDeep Dubstepのミックスを披露。 Dubstep原理主義を掲げ、ロンドン・サウンドでフロアを震撼させる。

UNSQ

Group:

Country: TOKYO

Genre: Grime

2014年から活動を始め、主に渋谷を拠点に活動し、UKの音楽シーンに影響を受け、Grime,garage等を主軸にプレイしている。 DJとして行動を共にしつつ、パーティーオーガナイズや制作など個人としても勢力的に活動している2人である。

XXXSSS Tokyo

Group: XLII / DJ SARASA

Country: Tokyo

Genre: Hip Hop / Break Beats / Bass Music

ベース・ミュージックのキーレーベルCivil Musicで活躍、作品を解体/再構築する強烈なライブも魅力のXLII(シリー)。 ハードコアかつ知識に裏打ちされたプレイで世界中をツアー、あのQuestloveからも大絶賛されたDJ SARASA。 ウクライナ生まれUK育ちと、日本生まれNY育ち、国境を軽々と超えるこの2人が新ユニットXXXSSS Tokyoを結成! ベース・ミュージックの爆発力を最大化する! XXXSSS Tokyo (エクセス)というグループ名は、英語の「EXCESS」をもしった見た目の通り「やりすぎ」を意味し、とどまる事の知らないハチャメチャな2人を表現している。 リアルタイムパッドコントロールに2人が繰り広げる雷の様に素早いミックス。パンクバンドの様に激しく踊りながら演奏するXLIIとDJ SARASAによる大胆なパフォーマンスは大きな話題となり、マイアミ発の大型エレクトロニック音楽フェス『Ultra Music Festival』の韓国版 『Ultra Korea』にも出演し、ソウルのオリンピックスタジアムにてプレイ。東京の様にエネルギッシュで眩しく、インドの様に色鮮やかでエキゾチック、ボルチモアの様にダーティーでダンサブルなパフォーマンスはもちろん、結成後すぐにI AM LEGION (NOISIΛ+ Foreign Beggars)のファーストシングル「Make Those Move」のオフィシャルリミックスを手掛けるなど、作品面でもXXXSSS Tokyoと言う名を世界へ向けて発信している。 XLIIは世界中に影響力を持つラジオ BBC- Radio 1Xtraや、アンダーグラウンドの先端を聴かせる人気拡大中のRinse FMにも出演。dj KENTAROの "Step in ft. Foreign Beggars" のオフィシャルリミックスも手がけ、そのサウンドをアメリカのトップレーベル Mad Decent が絶賛するなど、着実にベースミュージック界で評価を高めている。 そしてDJ SARASAはヒップホップのルーツを継承するUniversal Zulu Nationのメンバーにして、DJプレイの傍らNY発の音楽メディアWaxpoetics Japanにてブログ連載、アパレルブランドMYNORITY CLASSICSのプロデュースなど多才ぶりを発揮。Funk、Disco、Soul、BreakbeatsやHouseもクロスオーバーさせる独自の選曲とDJスキルで柔軟なプレイで好評を得ている。XXXSSS Tokyoはそんな2人が提案するユニットだ 。 XXX$$$ Live: http://youtu.be/fMOfp45hWIE XXX$$$ Web: http://www.xxxssstokyo.com/ XXX$$$ Soundcloud: https://soundcloud.com/xxxsssmusic Bookingはこちらまで management@xxxssstokyo.com

XXX$$$ is an international, Tokyo-based duo composed of Japanborn, NYC-raised DJ Sarasa (aka Silverboombox) and Ukraineborn, UK-raised XLII. In many ways XXX$$$ is not unlike that moment in Dragonball Z when the heroes have to result to the ancient fusion technique in order to defeat the bad guy, and so two seemingly opposite and different characters merge into one in order to get things done. Yes, that's an incredibly nerdy reference but somehow feels appropriate and gets to the point: XXX$$$ is an unlikely combination of two artists with seemingly opposite approaches to hip hop and club music who together become more than the sum of their parts. Together Sarasa and XLII combine their own predilections for turntables and digital controllers to perform live, though roles aren't as straight forward as you might think with XLII behind the pads while Sarasa cuts up a storm. Using turntables, laptops and two N.I Maschine controllers, XXX$$$ create music that is thick and layered, pulling from their respective experiences and backgrounds to create a high energy mix of dance floor friendly hip hop beats and bass, electronic dance music and a little je ne sais quoi born of this unique fusion. While the focus of the project is on maximising their unique contrast in a live environment, the pair are also working in the studio to create their own tracks, some of which are starting to appear on compilations. Separately they've performed around the world, appeared alongside old and new school legends, released on labels including Ninja Tune and Civil Music and worked with The Universal Zulu Nation, Wax Poetics and more. As XXX$$$ they're creating their own brand of bass-heavy dance music: energetic like Tokyo, colourful and exotic like India, heavy like London while also dirty and danceable like Baltimore. http://www.xxxsssmusic.com/

パ禁(PAKIN)

Group: Dark elements/GUM

Country: 東京

Genre: GRIME,TRAP,NEW ERA

17歳のときにGrimeに出会う。 上京をきっかけに、HIPHOP、Grime両方のスタイルを用いたパフォーマンスをスタート。現在は100% Grimeスタイルの作品のみ作成している。 DJ Franklysickの紹介により、イギリスのマンチェスターを拠点とするMac realや、バーミンガムを拠点とするDark elements 主宰、Darxと競作。彼からCrewへの参加を勧められたことでDark elementsへ加入。 2013年の夏、念願の初渡英を実現。伝説的MC、Devilmanとのビデオ撮影を行う事に成功。唯一無二の経験を得ることができた。 国内では、大ベテランであり、Big dadaからリリースされた「Grime 2.0」にも作品を提供したGarage/Grime DJ、Pretty BwoyにRemix作品を作成してもらう。 また、日本国内のMC達に声をかけ、マイクリレーを行う「JP Grime uprising」を企画。異例のSmash hitとなり数多くのRemix作品が作られる。 現在は、日本のGrimeシーンの成長と拡大のために活動中。 自身の主宰する偶数月第2土曜日夕方に渋谷Shiftyで行われるイベント「GUM」でHeavyで重低音重点なアーティストを招聘し、ローカルな現場作りに勤しんでいる。 また、VICE UKにおいて、日本人として初めて日本語Grimeシーンについてのインタビューを受けるなど、国外での活動も継続して実施中。 (該当記事: http://m.vice.com/en_uk/read/japanese-grime-696 ) 以下、作品集 Dark Elements - De Velopment & PAKIN/パ禁 http://youtu.be/6A03ZVbBlBs soundcloud PAKIN https://soundcloud.com/pakin GUM PROJECT http://m.soundcloud.com/gum-project Pretty Bwoy remixes https://soundcloud.com/dj-prettybwoy/sonicdoon-pakin-prettybwoy https://soundcloud.com/dj-prettybwoy/talk-dat-pakin-prettybwoy

ONJUICY

Group:

Country:

Genre: MC

ONJUICY Grime・Bass・Hip Hopを中心としつつも、ジャンルレスに活動するMC。 たまたま遊びに行っていたGrimeのパーティをきっかけに、2015年からMCとしてのキャリアをスタート。 最近では、TREKKIE TRAXからCarpainterに続き、Maruとの楽曲に加え、UKを拠点とする気鋭ベースミュージックレーベルButterzからRoyal - Tとのコラボレーション楽曲を発表。上海/香港/ロンドンを拠点とするパーティコレクティブYETIOUTからリリースされた”Silk Road Sounds”に参加し、Hypebeastやmixmagに取り上げられる等、世界からも注目を集める。また、新木場ageHaにて開催されている”AGEHARD”でのアリーナMCや、ULTRAを始めとするフェスへの出演、イベント/ラジオ番組でのMC、イベントのレジデント等、その活動は多方面に渡る。 Grime MCとしては、BOILER ROOMによる"Sekepta Album Launch"や"JP Grime All-Stars"、"Full Circle: Grime In Japan”への出演から名が知られる様になり、英国雑誌mixmagへ、インタビューの掲載もされた。2018年にはロンドン、バンコク、中国へのツアーを実施。国内外多数のアーティストとのコラボレーション楽曲やアルバムリリースも控えている。 持ち前のフットワークを活かした、らしさ溢れるMCはジャンルを問わず様々なビートを乗りこなし、フロアを最高の空間へと導いてくれる。 ONJUICY Tokyo-based MC, ONJUICY, is now named as inventive Japanese Grime MC. Soon as he started his rap career, he encounters UK Grime in 2015 and he started rapping and side MCing while their friends were playing old 8-bars & 16-bars grime riddim. His name became widely known after his performance with Skepta at Boiler Room Tokyo. His freaky and colorful flow streamed worldwide and caught rap fans’ attention in Japan. While he spent a busy time performing in numerous shows as well as local radio sets, he had already released couple releases. He collaborated with famous Japanese producer “Carpainter” from TREKKIE TRAX and made “PAM!!!” hits hard to the floor. The rave-trap-grime mixture banger had a comparably huge success in underground. Also his “Pied Piper” , awaited its release for 3 years, are finally getting released in a compilation “Silk Road Sounds” by Yeti Out. His figure and music was featured on hypebeast & Mixmag this year. His highly-anticipated EP will be released later this year, more collaboration of big UK & and Asian talents will be followed.

BETAPACK

Group: RAID SYSTEM

Country: TOKYO

Genre: TECHNO//HOUSE//GRIME//NOISE//

BETAPACK https://soundcloud.com/betapackjp //Creative team //post-future // TECHNO//HOUSE//GRIME//NOISE// ベースミュージックの影響を色濃くうけながらも今までになかったインダストリアルなテイストを融合させたサウンドを得意とするCreative Team。 SoundCloudで突如公開されたメンバーのBROKEN HAZEやVENVELLAのブートレッグシリーズが異例のアングラヒットを飛ばし、RINSE.FM, NTS RADIOなどヨーロッパを中心に多くのDJ からもプレイされ注目を浴びた。 今年に入ってからは、スペインのレーベルTOTAL TRAXとのコラボEPやメンバーのソロ作品のリリースを重ねている。 https://twitter.com/BetaPackJP https://www.facebook.com/BetaPackJP/ RSBP004: VENVELLA- Ops EP MICROSITE// http://bit.ly/RSBP004ms SoundCloud// https://soundcloud.com/betapackjp/sets/venvella-ops-ep/ RSBP003: BROKEN HAZE - TRD EP MICROSITE// http://bit.ly/RSBP003ms1 SoundCloud// https://soundcloud.com/betapackjp/sets/broken-haze-trd-ep RSBP002: VENVELLA - Ballet EP MICROSITE// http://bit.ly/RSBP002 SoundCloud// https://soundcloud.com/betapackjp/sets/ballet-ep-venvella RSBP001: BETAPACK vs TOTAL TRAX EP MICROSITE// http://bit.ly/BETAPACKvsTOTALTRAX SoundCloud// https://soundcloud.com/betapackjp/sets/rsbp-001-betapack-vs-total BETAPACK Bootleg Series SoundCloud// https://soundcloud.com/betapackjp/sets/betapack-bootleg-series

HyperJuice

Group:

Country: Tokyo

Genre: HyperJuice

HyperJuice / hara 1991年生まれ。 00年代中期のアンダーグラウンドに影響を受け2007年からDJとして活動を開始。 レコードショップのクラブバイヤーを経て、2013年に「HyperJuice」を結成。 都内を中心に全国各地のクラブでプレイし、「ULTRA JAPAN」「Outlook Festival Japan」「Electric Zoo」等の大型フェスに出演。 海外アーティストのサポートアクトを数多く行い、ButterzのElijah & Skilliamがプロデュースする「Boiler Room Tokyo JP Grime All-Stars」でもプレイした。 UKグライムシーンの雄・Stormzyから初来日の際にライブDJに指名され「adidas Originals by NIGO」のプロモーションムービーに参加。 現在はPioneer DJのオフィシャルプレイヤーとしてDJソフトウェア「rekordbox™」を始め、様々な最新DJ機材の開発に携わり「Pioneer DJ XDJ-RX2」の公式デモンストレーターを務めた。 クラブミュージック専門ラジオ局「block.fm」で番組「HYPE ME RADIO」のパーソナリティーを担当。 Contactの平日デイパーティー「TOO YOUNG TO DANCE」主催。 東京の次世代を牽引するDJの1人。 http://hyperjuice.tokyo/ http://twitter.com/haraqlo

iSOP

Group: STEAMWORK

Country: FUKUOKA JAPAN

Genre: Bass Music/Techno/House

iSOP 福岡を拠点に国内外のクラブからフェスティバル、レセプションパーティなど、幅広い現場でイレギュラーかつジャンルレスなダンスミュージックを操るプレイヤー。 また、楽曲の制作・提供なども行っており表現の幅を広げ続けている。 【SOUNDCLOUD】 https://soundcloud.com/isop00

Masayoshi Iimori (TREKKIE TRAX)

Group:

Country: 日本

Genre: Electronic

1996年生まれのトラックメイカー。 TRAPを中心としたトラックメイクが目に止まり、日本の気鋭ネットレーベルTREKKIE TRAXより2015年にデビューEP「Break It EP」をリリース。 その後Bootlegを中心に様々な楽曲を制作し、Skrillex, Mija, Carnage, Anna Lunoe, Nina Las Vegas, UZ, Ookayなど世界の著名プロデューサーからサポートを受けているほか、「KAN TAKAHIKO - NRG (Masayoshi Iimori Remix)」きっかけにSkrillexが主宰する「OWSLA」のサブレーベル「NEST HQ」に日本人として初めてインタビューとMini Mixが掲載される事となった。 またデビュー1年目にしてULTRA JAPAN 2015に出演や2015年12月には所属するTREKKIE TRAXがセルフプロデュースで行った全米ツアー4箇所6公演を大成功させるなど、その勢いはとどまることを知らない。 他にもRedBull Thre3Style World ChampionであるShintaroとのコラボ曲「Shintaro & Masayoshi Iimori - Chopper」や「ナマコプリ - あったらいいなJAPAN(Masayoshi Iimori Remix)」、「Remo-Con - Don't Believe Da Hype(Masayoshi Iimori Remix)」などを手掛ける他、2016年2月にはNEST HQより「Masayoshi Iimori - WhirlWind」をリリースするなど、更に活躍が期待出来る。

VIBES MAFIA

Group:

Country:

Genre: Bass Music

VIBES MAFIA (MORO & ZIPPY) from横浜、全国津々浦々愚連隊活動の経験を活かし、縦横無尽にベースミュージックからトライバル、はたまたPOP MUSICまで纏めて昇華してしまうDJ MORO。ナードカルチャー出身どらむん経由、オリジナルトラックはもちろん激しいDJ STYLEに定評のあるZIPPYの二人によるトライバルベースユニット『VIBES MAFIA』 バンド出身ならではの二人のパフォーマンス、ボケなし両ツッコミともいえるプレイスタイルに全方位VIBESの塊にしてしまう。

mika (midori-gumi)

Group:

Country:

Genre: VJ

nishiokanaとのVJユニット「midori-gumi」として2013年5月より活動開始。 自ら制作した幾何学模様の映像を中心に様々な映像をMIXし、臨場感のある独自の表現を幅広く行っている。 都内の主要クラブであるSOUND MUSEUM VISION、clubasia、LOUNGE NEOなどでVJを行うほか、Auto Kratz(Kitsune) やAlizzz (MAD DECENT) などの外国人DJの映像演出も担当。また気鋭のロックバンド「東京カランコロン」のLIVE演出、ファッションショーの映像制作など幅広く活動中。 https://twitter.com/gumi___midori

RIO

Group:

Country:

Genre: Future Bass/Rock

POPでグロテスク、ファンタジーからホラーまで彩りのある映像でまるで動く絵本を見ているような観客をわくわくさせるVJスタイルを武器に活動。2014年7月からとキャリアをスタートさせ、その独特の世界観に注目が集まりジャンル問わず様々な現場で活躍中の若手VJ。 毎月第4土曜日に渋谷clubasiaで開催されている”FLASH!!!"のレギュラーVJやMAVIS BACONの専属VJを経て、現在は秋葉原mograにて活動中のCueB!!クルーも務めている。95年生まれ。

Invitation Tickets Allowed

Flyer Takeout

CELLPHONE : Take THIS FLYER with you! Simply scan in the QR code on your mobile phone or supply your email and get it sent to you!

@